専業主婦が家族に内緒で借り入れをするには|家族にバレずにお金を借りる方法

専業主婦が家族に内緒で借り入れをするには|家族にバレずにお金を借りる方法

専業主婦が夫に内緒で借り入れをするには

微笑む女性

専業主婦の方にも、急な医療費や生活費、冠婚葬祭、交際費などどうしても必要になった場合に

夫に内緒で借り入れができる方法があります。

 

無収入の専業主婦が借り入れできるのは銀行カードローンだけです。
借入枠限定の専業主婦専用借入枠があり借入限度額は50万円までと決まっています。

 

消費者金融や信販などは、年収の3分の1までしか借りられない総量規制という決まりがあるため、
無収入の専業主婦は借り入れができません。

 

しかし銀行カードローンなら夫の同意書や証明書が必要なく内緒に借り入れができるのです。
そこで無収入の専業主婦の方が借り入れする場合には一定の条件を満たさなければなりません。

 

まずは20歳以上であることと原則で無収入の専業主婦が借り入れをする場合には夫に安定した収入があることです。
夫の職業が自営業だったり会社経営の場合でも証明書不要の銀行もあるので事前に調べておくといいでしょう。

 

そして本人確認書類(運転免許証・保険証・パスポートなど)だけで借り入れ可能なところもあります。

 

夫の収入があったとしても借り入れ状況に問題があると借り入れができない場合もあります。
例えば、夫の金融がブラックであったり雇用状態が不安定であったり多額の借金を抱えていたりしては審査に落とされる理由になります。

 

インターネットの場合は24時間365日いつでもどこからでも申し込み可能で誰にも知られずに済みますし、
WEB画面で利用明細が確認できるので、自宅に郵送されることなく安心できます。

 

申し込みをする際にあたって注意しておく点は、在籍確認で自宅の電話番号ではなく自分の電話番号を登録しておくとお家にいても内緒にできます。

 

在籍確認の電話は会社名を名乗らず担当者の個人名ですので安心ができます。

 

借り入れしたところで返済が滞ると夫に連絡がいってしまうということもあるので期日までに入金することを心掛けることです。

ホーム RSS購読 サイトマップ