専業主婦でも、限度額内であれば収入証明書不要|家族にバレずにお金を借りる方法

専業主婦でも、限度額内であれば収入証明書不要|家族にバレずにお金を借りる方法

専業主婦でも、限度額内であれば収入証明書不要

女性も社会進出をして頑張っている時代、お金が必要になることもあります。

 

そんな時に頼りになるのがキャッシングですが、銀行系・消費者金融系どちらがよいか迷うこともあります。

 

金利が低いということを考えると銀行系で借りるほうが良さそうです。
一定の収入があれば、希望限度額100万円以下であれば収入証明書不要というところもあります。
但し、審査や手続きに時間がかかり、不意の出費に間に合わない場合もあります。

 

因みに審査や手続きが簡単で手軽に借りられるということで人気の消費者金融は、2010年の貸金業法の改正で年収の3分の1以内の貸付しかできないという総量規制があり、申込者の年収を証明するための(課税証明書、所得証明書、源泉徴収票、給与明細書)書類を申込時に提出する必要があります。

 

では、収入のない専業主婦の場合、お金を融資してくれるでしょうか。

 

一般的に、1社あたりの利用限度額が50万円以下の場合や他社からの借入が100万円以下の場合、収入のない女性でも限度額内の金額であれば収入証明書不要のところはかなりあります。

 

又、銀行系の場合、配偶者者の同意書などは無しに30万円までは貸付けを受けることができるところもあります。
但し、誰でもということではないようです。

 

結婚していて配偶者がいる専業主婦の場合のみ当てはまるのです。

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ