収入証明書類不要のカードローンで足りないお金を借入|家族にバレずにお金を借りる方法

収入証明書類不要のカードローンで足りないお金を借入|家族にバレずにお金を借りる方法

収入証明書類不要のカードローンで足りないお金を借入

電球

消費者金融や銀行のカードローンは、一般的なローンと異なる点がいくつかあります。

 

まず、自動車や家のローンと異なり、利用用途が自由でどんなことにでも使える点です。
足りない生活費を補ったり、ビジネスの先行投資として借入を行ったり、飲み会などで急にお金が必要になった際に、カード1枚で気軽にお金を借りることが出来ます。

 

また、カードローンは全国のコンビニエンスストアに設置されているATMから借入や返済が出来るため、使い勝手も良好です。

 

さらに、一般的にローンを組む時は、自分の収入を証明する源泉徴収票や収入証明書などの書類の提出が必要ですが、カードローンの場合は、これらの書類を提出しなくてもよいことになっています。

 

借入希望額が高額の場合は、別途収入証明書類の提出を求められる場合がありますが、足りない生活費を補うために必要な金額程度であれば必要ありません。

 

なお個人事業主や自営業の方の場合は、借入金額にかかわらず収入証明が必要の場合がありますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

 

さて、足りないお金を補うために借入を行う際には、事前に返済計画をしっかりと立てた上で、自分自身で全額完済出来る範囲内で行うことが大切です。

 

カードローンは、その気軽さからついつい自分の返済能力を超えた借入をしてしまい、返済が出来なくなって債務整理をしなければならない状況に陥ることがよくあります。

 

債務整理を行うと、自分の信用情報に債務整理を行った事実が記載されるため、5年から10年程度は新たなローンを組むことが一切出来なくなります。
返済不能に陥ることがないように、事前の返済計画をしっかりと立てておきましょう。

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ